二重のよくある質問

よくある質問

二重や目もとの施術を受けられる患者様よりよくいただくご質問について回答をまとめております。
その他、ご質問やご相談はお気軽に当院までお問い合わせくださいませ。

手術中には痛みはありますか?

目もとを中心に部分的な麻酔(局所麻酔)をいたします。そのため手術中に痛みを感じるはほとんどございませんのでご安心ください。福岡博多駅前通中央クリニックでは、痛みが少ない極細針(34G)を使用して麻酔を行います。また、麻酔後は少しお時間を空け、麻酔の効きを十分に確認してから手術を開始するため、痛みの心配は一切ございません。初めての麻酔でご不安な方もいらっしゃると思いますので、担当の看護師が優しくお声がけし手を握るなどの対応をいたしますので、ご不安があれば遠慮なくお気軽にお伝えください。当院のスタッフは、二重術をはじめとした治療の経験者ですので患者様の立場に立ってご相談を承ります。
手術はどれくらいの時間で終わりますか?

手術の方法によって手術の時間は異なります。糸を使用した二重術の埋没法であれば約10分程度の短い時間で手術が終了します。一方で、全切開法や脂肪除去、眼瞼下垂などの手術の場合は所要時間が約30分から60分前後の時間となります。手術後は腫れや術後の痛みを抑えるために、アイスノン(冷却材)で10~15分程、目もとを冷やしてからご帰宅いただいています。
手術後の痛みや腫れはどれくらい続きますか?

痛みの感じ方や腫れ具合は個人差がございますが、我慢できないほどの強い痛みを感じることはほとんどございません。患者様によっては、術後、麻酔が切れてくる時に、痛みを感じる方もいらっしゃいますが、痛み止めを処方いたしますのでご安心ください。数日間は目もと周辺の痛みや瞬きの時に違和感を感じる場合がありますが、日が経つごとに少しずつ痛みや違和感がなくなってきます。切開法や眼瞼下垂など、メスを使用した手術の場合は、埋没法に比べて、痛みや腫れがやや強く生じることがございますので、お勤めの方は術後のスケジュールも確認いただいた上で、手術のご日程を決められることをお願いしております。
化粧やメイクはいつからできますか?

目もと周辺を避けていただければ、当日より部分メイクが可能です。目もとのメイクは埋没法など糸を使用した手術を受けられた場合が術後3日目から可能です。切開法や眼瞼下垂術などメスを使用した手術を受けられた場合は、抜糸の翌日よりメイクが可能となります。
埋没法は1日で全て終わりますか?

ご予約の際に当日の施術をご希望されることをご相談の上、カウンセリング・診察後に、施術内容や料金にご納得いただければ、その日のうちに手術まで可能です。埋没法の場合、手術の所要時間は10分程度で終了いたします。全切開法や眼瞼下垂などメスを使って切開し皮膚を縫う手術を受けられる場合は、術後約7日目に抜糸のためにご来院いただくことが必要です。
アイプチをし続けたため、まぶたがたるんで伸びていますが、そのような場合でも二重術はできますか?

アイプチを長い期間使用し続けていると、アイプチによって皮膚が薄くなり、伸びてしまう状態になることがあります。また、アイプチを使用されている方の中には、皮膚の炎症が強く出てしまっている方も多く見受けられます。来院された際には、どのような二重まぶたをご希望されるかお話を伺いながら手術方法を決定いたしますが、医師が皮膚の状態を診察させていただき、患者さまのまぶたや皮膚の状態によっては糸で留めるだけの簡単な手術(埋没法)ではなく、切開法で余分な皮膚を切除しなければならない場合もございます。医師による診察は無料ですのでお気軽にご来院ください。
埋没法はすぐに取れたり、元に戻ってしまったりしませんか?

埋没法は切開法やマクロカット法に比べると、糸がやや切れやすく緩みやすい施術方法ではありますが、必ずしもすぐに糸が切れて元に戻ってしまうわけではございません。一方で、まぶたの脂肪が多い場合や目を開ける筋力が弱い場合など、患者さまによっては糸が切れやすい可能性があるため、その場合は埋没法ではなく全切開法やマイクロカット法(小切開法)をご提案しております。
眼瞼下垂を治すことはできますか?

年齢が進むことによって生じる眼瞼下垂やコンタクトレンズを長期間使用することによって起こる眼瞼下垂は当院で治療が可能です。当院では眼瞼下垂の治療を多く行っている形成外科の専門医がおりますので、安心して治療をお受けいただけます。眼瞼下垂が気になる方は、まずは専門医のカウンセリングと診察によって、眼瞼下垂や目もとの状態を無料で診断いたします。治療方針や施術内容、治療後の経過についてご案内させて頂き、ご納得頂けましたら、その日の内に手術いただくことも可能です。他の病院で眼瞼下垂を治療された方の修正治療や、他院で治療不可と断られてしまった方もぜひ当院へご相談ください。
仕事や学校は休む必要はありますか?

二重や目もとの施術は、どのような方法を選択されても、個人差はございますが術後に多少の腫れがございます。手術を受けたことを周りの方に知られたくない方やお仕事でメイクをする必要がある方は、術後の数日間はお休みできるよう事前にご調整をおすすめいたします。腫れやメイクなど制限がない方については、お仕事や学校をお休みする必要はございません。当院のスタッフも二重術の経験をしておりますので、腫れや痛みなど術後の経過についてはお気軽にお尋ねください。
コンタクトレンズはいつから使用出来ますか?

手術後は目もとの周辺が腫れるため、手術後5日間前後は使用をお控えいただき5日後以降からお使いください。安全上、手術後の数日間はメガネを使用いただくようご指導させていただいております。
左右で二重の幅が違うのですが、直せますか?

左右で二重の幅が異なる場合、基本的には幅が広い方の二重に合わせるように治療を行います。片側の二重のみに施術することも可能ですが、二重のラインの入り方に左右差が出ないよう、まぶたの状態によっては診察の際に左右両方の施術をおすすめする場合もございます。
他院で受けた二重整形を修正してもらうことはできますか?

当院では、他院で受けられた二重手術の修正も専門的に行っております。二重整形の修正にあたっては、全切開法や一部切開法を用いることが多く、高い技術が必要となるため他院修正を行わないクリニックも多くございます。当院の医師は多くの修正症例をもつ専門医のため、全切開法で広く作った幅を狭くすることや、左右の修正などの治療が可能です。まずはお気軽に無料診察・無料相談へお越しください。
二重術は50歳を過ぎていても可能ですか?

二重術には年齢制限はございませんので、50歳を過ぎた方でもお気軽にご来院ください。当院には10代から80歳を超える方まで、幅広いご年齢の方がご相談へいらっしゃっておりますので、ご安心ください。加齢による皮膚のたるみや眼瞼下垂などが診察された場合、患者さまによっては、糸による二重術(埋没法)では治療が難しい場合もあり、治療方法が限られる可能性がございます。まずは、医師による無料診察と治療方法のご相談にお気軽にお越しください。
奥二重でも埋没法で二重にすることをできますか?

奥二重の方でも、手術によって二重の幅を変えることが可能です。奥二重の方の施術には何種類か方法があり、メスを使用せずに糸でご希望のラインを作る埋没法や、切開を行って二重のラインを作る全切開法、一部切開法(マイクロカット法)などがあります。施術方法ごとの特徴やメリット・デメリットをご説明し、まぶたの状態やご意向をもって治療方法をお選びいただきます。当院のスタッフも二重術を経験しておりますので患者さまの立場にたってお話いたします。
傷跡はどれくらいで消えますか?

二重の手術を受ける多くの方が、術後の傷跡についてとても気にされます。例えば、埋没法の二重術の場合は、術後4日後程度で穴が塞がります。メスを使用する切開法などの場合は、皮膚が折れ曲がる線上にラインをつけるため、目を開けている状態ではしわのようになるため、傷はほとんどわかりません。いずれの治療の場合も、傷は時間の経過と共に少しずつ目立たなくなりますのでご安心ください。
二重の手術をした後に年数が経って不自然になることはありませんか?

二重手術によってつくった二重のラインは、施術方法によっては糸が緩むことや切れてしまう可能性はあります。その場合、二重のラインが崩れてしまうことで不自然な印象を感じてしまう場合があります。術後、ご年齢を重ねていくことによってまぶたの状態も少しずつ変化するためこうした生理的なことにはご理解が必要となります。当院ではこうした術後の経過も丁寧にご案内しております。(手術によって目もとが不自然な状態になることはございませんのでご安心ください。)
切らない方法で眼瞼下垂を治す事はできますか?

はい。切らない眼瞼下垂の治療法もご用意しております。
切らない眼瞼下垂では、まぶたの内側から手術を行う経結膜法という方法があります。 元が一重の方で二重にしたくない方などにおすすめの方法です。 一方で、まぶたの開きがよくなると二重幅のが狭くなってしまうため、はっきりとした二重まぶたをご希望される場合は、追加で埋没法や切開法の二重術を選択された方がいいでしょう。
他院で全切開法で手術したのですが幅が広すぎて後悔しています。幅を狭くする事は可能ですか?

他院の修正も可能です。全切開法で手術された場合は、全切開法での修正となります。 診断とカウンセリングで、改めてご希望される二重の幅を決定し、現在の広すぎる二重の原因となっている皮膚の癒着を剥離し、新しいラインをつくることで美しい二重ができるように手術をいたします。
過去に3回ほど切開法による二重手術を受けていて、ライン上に傷が数本あるのが気になります。修正はできますか?

基本的には切開法による修正が可能ですが、診察によって医師が判断いたします。修正を行う場合、不自然な傷の癒着を剥離することや部分的に皮膚を切除する手術を行います。
左右の目の大きさが違います。修正手術で目を大きさを揃える事は出来ますか?

目の大きさに左右差がある場合、その要因によって適応と効果が変わるためを診察によって詳しく調べる必要があります。 まぶたの形や開き具合よって異なりますが、当院の手術によって左右差を少なくできる場合が多いです。
一方で、眼球の位置や、生まれつきの眼瞼下垂がある場合、治療が困難な場合もあります。治療には原因を特定する必要があるため、まずは専門医の受診をおすすめいたします。
目もとのコラム